御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺めめ大バナー※丹内山神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

丹内山神社について

丹内山神社は強力なパワーを秘めたアラハバキ神の巨石が祀られている。
神社の七不思議が伝えられています。

おすすめの投稿

恵比寿
2019年07月23日(火)
1投稿

異色というか独特な神社です。
本殿の奥にはアラハバキ神を祀る大岩があり、しかも胎内くぐりと称して御神体の岩の割れ目をくぐれます。体が岩に触れずに通ると御利益ゲットという事でした。
他にも神社内には七不思議と称するスポットがありました。
独特の雰囲気も相まって、とても興味深い参拝でした。

丹内山神社の鳥居

向かう途中で、補強していますが今にも倒れそうな鳥居がありました。

丹内山神社の建物その他

この看板が目印、途中から片側1車線の狭い道になります。

丹内山神社の鳥居

神秘的な雰囲気でした。

丹内山神社の本殿

拝殿です。両脇の彫刻も素晴らしかったです

丹内山神社の建物その他

アラハバキ神の御神体とされる岩です。

丹内山神社の建物その他

正直、これ程狭いとは・・・

丹内山神社の自然

岩の上には意味アリげな木が生えていました

丹内山神社の建物その他

山の湧水とはいえ、こんなに甘く感じる水もめずらしいです。

丹内山神社の手水

七不思議の一つ、水の枯れない手水ばちだそうです。

もっと読む
投稿をもっと見る(8件)

丹内山神社の基本情報

住所岩手県花巻市東和町谷内2-303
行き方

・晴山駅からバスで15分
・東和ICから車で15分

アクセスを詳しく見る
名称丹内山神社
読み方たんないさんじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし

詳細情報

ご祭神多邇知比古神(たにちひこのかみ)
ご由緒

創建は1300年以上も昔とされていて神仏習合期であった平安時代末期には弘法大師の弟子の日弘により不動明王を安置されたと伝わっています。
坂上田村麻呂、物部氏、平泉の藤原氏、中世は安俵小原氏、近年は盛岡南部氏と時代時代の中心人物からちとても篤く崇拝されていたようです。

Wikipediaからの引用

概要
丹内山神社(たんないさんじんじゃ)は、岩手県花巻市東和町にある神社。本殿などが岩手県の有形文化財に指定されている。
歴史
歴史[編集] 丹内山神社は、かつて大聖寺と呼ばれていたが、明治維新のときに神社となり現在の名に改めた。坂上田村麻呂東征の際に社殿を改築し、承和年間(834年〜848年)に釈日弘・堂を造り不動明王を安置したといわれる[1]。源頼義、藤原清衡、安俵城小原氏、盛岡藩主・南部利敬らの信仰が篤かったとされる。 ^ “国・県指定文化財”. 岩手県. 2018年11月1日閲覧。
引用元情報丹内山神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%B8%B9%E5%86%85%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=87802621

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2