御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ほうおんじ|曹洞宗

報恩寺の御由緒・歴史

岩手県 上盛岡駅

投稿する
019-651-4415

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

ご本尊釈迦牟尼佛
十一面観音菩薩
歴史
歴史[編集] この寺は、1362年(貞治元年)南部守行の開基、通山長徹の開山により、1394年(応永元年)に南部守行によって陸奥国三戸郡に創建されたと伝えられる。1601年(慶長6年)、南部家27代目当主・南部利直の時、盛岡に移るに当たりこの寺も現在地に移された。江戸時代には近隣地域の僧録所の任に当たった。   1869年(明治2年)6月23日、盛岡藩家老の楢山佐渡は奥羽越列藩同盟から離脱し新政府側についた久保田藩を攻めた秋田戦争の責を負い、当寺の本堂において切腹形式で刎首された。1917年(大正6年)9月8日、政友会総裁・原敬を祭主として戊辰戦争殉難者50年祭が開かれた。
引用元情報報恩寺 (盛岡市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%A0%B1%E6%81%A9%E5%AF%BA%20%28%E7%9B%9B%E5%B2%A1%E5%B8%82%29&oldid=89882535

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中