参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

大雄院へのアクセス公式茨城県 日立駅

だいおういん

アクセス

住所日立市宮田町5-6-15
Googleマップで地図を開く
エリア日立駅
駐車場あり

大雄院について

基本情報

名称大雄院
読み方だいおういん
檀家以外の参拝歓迎
拝観時間

9:00〜17:00(夏期8:00〜18:00)

拝観にかかる時間

10分

拝観料

なし

御朱印あり
御朱印帳あり
御朱印について

練朱肉と三宝印で、住職が直書きさせていただきます。住職不在の場合はお預かりする形とさせていただきます。
写経を納経されてない方や、朱印帳に観光地のスタンプや切手など朱印以外のものが貼り付けられている場合はお断りさせていただいております。ご了承ください

電話番号0294-21-0696
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.daiouin.net/
SNS

詳細情報

ご本尊宝冠釈迦如来三尊仏(県重要文化財) 脇侍文殊菩薩・普賢菩薩
山号天童山
院号大雄院
宗旨・宗派曹洞宗
創建時代1470年(文明2年)
開山・開基南極寿星禅師・小野崎朝通公
本堂禅宗様式
行事

5月8日花まつり
8月6日おせがき

文化財

釈迦如来三尊仏

ご由緒

天童山大雄院は、道元禅師十世の法孫であり吾宝五哲の一人である南極寿星禅師が、文明2年(1470)に開山した曹洞宗の寺院である。
南極禅師が常陸の国に法流を広めようと、田尻村渡志観音堂に参籠されたところ、一頭の白馬が現われ、この白馬によって導かれたところが、宮田川渓谷の杉室の地であった。
禅師は杉室の山中に庵を結んで坐禅に耽った。
この時、友部村山ノ尾城主小野崎朝通公が、禅師の徳風を慕って、付近の地五十町歩を寄進し寺院を建立した。
禅師は周囲の風景が中国の天童寺に似ているところから山号を天童山、寺号を相模国南足柄にある祖本寺の大雄山最乗寺にちなみ大雄院と名付けた。

分類

このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2019年06月22日神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方