神社お寺の検索サイト楽しみ方

大甕神社の投稿(1回目)by あんどれ

あんどれさんのプロフィール画像
あんどれ
11投稿
日本書紀の一書にのみ登場する、タケミカヅチも敵わなかった悪神・カカセヲ(アマツミカボシ)の伝承が残る神社があることを知り、先日やっといけた。

カカセヲの御魂を封じたという宿魂石が拝殿の脇にある。
石というより岩山で、途中、少々急な岩壁を鎖につかまりながら登る。
岩山の頂上にはタケハヅチを祀る本殿が鎮座している。
大甕神社の鳥居
外観
大甕神社の建物その他
カカセヲの御魂を封じたという宿魂石
大甕神社の自然
宿魂石は岩山となっていて、鎖につかまりながら登る。岩肌は湿っていてとても滑る!
大甕神社の自然
宿魂石の頂上にある本殿

すてき5

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

渋谷の会社でwebディレクター的なことをしているのはたぶん仮の姿、神社・日本神話の魅力を広めたいエバンジェリスト。
土日は神社や遺跡をめぐり、伝説や日本神話から古代の姿に思いを馳せています。
神社や日本神話の基礎知識、神社の記録をブログを書いています。

大甕神社の最新の投稿

JR常磐線大甕駅から徒歩10分ちょいのところに居られます。

創建は皇紀元年(紀元前660年)とも伝えられているそうです。
香取・鹿島の二神がどうしてもこの地の甕星香々背男と称する星神を征服することが出来ず、倭文神武葉槌命が宿魂石に封じ込めたんだそうです。

本殿...

27

泉神社の次はどこに行こうかと調べてみたところ、すぐ近くにも古そうな神社を発見。
祭神は・・・武葉槌命と甕星香々背男だと!?Σ(; ゚Д゚)

キタ━━(゚∀゚)━━! まつろわぬ謎多き星の神☆☆☆

考古・伝奇ファンとしてはここは絶対外せないと思い嬉々として移動♪...

47

初参拝

7

皇紀元年(紀元前六六〇年)創祀。
此の地の住民、国土開発と国家安寧に尽力された神として、大甕山上の古宮の地に祀り祭祀が行われておりました。
時は移り、江戸期元禄八年旧暦四月九日藩命により甕星香々背男の磐座、宿魂石上に遷座されてより三百年の星霜を経て今に至ります。

...

11

立派な鳥居の神社でした。
手水がセンサー式で😲

もっと見る(52件)神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

あんどれさんの他の投稿

あんどれさんの投稿をもっと見る
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中