参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

おいわじんじゃ

御岩神社の歴史茨城県 小木津駅

御岩神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《合》水戸徳川家歴代霊位,大日本国民霊位,《主》国常立命,《配》大国主命,伊邪那美命,神産魂命,高産霊命

Wikipediaからの引用

歴史
創建は不詳。常陸国風土記に御岩山の古称であるかびれの峰に天つ神鎮まるの記述がある。また,御岩山山中から縄文時代晩期の祭祀遺跡が発掘されており古代より信仰の地であったと考えられている。江戸時代には水戸藩初代藩主徳川頼房が出羽三山を勧請し水戸藩の国峰に定め,歴代藩主は参拝するのを常例とした。第2代藩主徳川光圀により大日如来を本地とした御岩大権現に名称が改められた。第9代藩主徳川斉昭は,敬神廃仏の方針から神仏分離を行い御岩神社を唯一神道に改め,僧侶,修験の神社奉仕を禁じた。さらに明治期の廃仏毀釈により,大日堂,仁王門等が取り壊されたが,現在でも仏像が祭られているなど,神仏習合色が色濃く残っている。
引用元情報御岩神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%BE%A1%E5%B2%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=79075845

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?