参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ほんどじんじゃ

本土神社の歴史岐阜県 多治見駅

本土神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神猿田彦命(さだひこのみこと)
庭津火命(にわつひのみこと)
ご由緒

この地域は伊勢神宮領の池田御厨の一部であり、長元3年(1030年)に伊勢神宮に縁のある猿田彦大神を分霊してこの地の産土神としておまつりしたそうです。

鎌倉時代後期、土岐頼貞(よりさだ)が鬼門鎮護と武門守護の神として深く信仰したとされますが、
元徳2年(1330年)に社殿が修復されたという棟札が現存しています。

Wikipediaからの引用

歴史
この地域は伊勢神宮領の池田御厨の一部であり、長元3年(1030年)に伊勢神宮に縁のある猿田彦大神を分霊してこの地の産土神として祀ったという。 鎌倉時代後期、土岐頼貞が鬼門鎮護と武門守護の神として深く信仰したとされるが、元徳2年(1330年)に社殿が修復されたという棟札が現存している。
引用元情報本土神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=70936886

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?