御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

いべいわくらじんじゃ

飯部磐座神社の御由緒・歴史

公式福井県 家久駅

ご祭神《主祭神》天照大神、
《配祭神》猿田彦命、
《配祭神》八幡大神
創建時代873年(貞観15年)
ご由緒

 古代より神霊があらわれる神聖な巖(いわ)は磐座(いわくら)として祭祀(さいし)の場とされる。当社の磐座は近隣の社にない巨岩群で、土地の豪族 伊部造豊持(いべつくりとよもち)が氏族の磐座祭祀をおこなったと伝えられる。
 この地は往古より伊部郷といわれ「延喜式神名帳」にある『伊部磐座神社』は、この神社であるといわれている。のちに飯部磐座神社に改称。
 社殿は幾度の災害や戦乱に会い、享保11年(1726)に旧記録は消失した。郷人はその後再建し信仰のよりどころとした。
 現在の建物は大正4年(1915)7月に拝殿・幣殿を再建した。芝原住民の崇敬心(すうけいしん)は篤く(あつく)今日に至っている。

歴史
歴史[編集] 享保11年(1726年)に出火が起き、旧記録が消失している。境内案内板によると、貞観15年(873年)に土地の豪族伊部造豊持氏が創建し、そこで氏族の磐座祭祀を行ったと伝えられている。[1] 本殿 文政6年(1823年)8月建立[2]。大正3年(1914年)修繕。 拝殿 大正4年(1915年)7月建立。 廊下 大正4年(1915年)7月建立。 ^ 飯部磐座神社境内案内板。 ^ 『吉野地区市編入50周年記念誌「吉野」』、[要ページ番号]頁。 
引用元情報飯部磐座神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%A3%AF%E9%83%A8%E7%A3%90%E5%BA%A7%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=73886136

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する
めめ小バナー