参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

だいあんじ|曹洞宗

大安寺

公式青森県 下北駅

大安寺公式
下北駅

だいあんじ|曹洞宗

青森県 むつ市大畑町本町80

7:00~19:00

御朱印あり

行事

・1月1日 午前0時~ 元朝大般若祈祷(本堂)・除夜の鐘(鐘楼堂)
大般若経を転読し、皆さまの災障消除・福寿無量をお祈りいたします。また、鐘楼堂で行う除夜の鐘は、一般に...

もっと見る(0枚)

オススメの投稿

投稿はまだありません。

大安寺の情報を知りたい方のために、お参りして、ホトカミに投稿しませんか?

あなたの神社寺院を紹介します!

大安寺について

基本情報

名称大安寺
読み方だいあんじ
参拝時間

7:00~19:00

参拝にかかる時間

約20分

参拝料

なし

トイレあり(山門脇・庫裡内)
御朱印あり
御朱印帳なし
電話番号0175-34-2926
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX0175-34-6426
メールアドレスinfo@daianji.jp
ホームページhttp://www.daianji.jp
SNS

詳細情報

ご本尊釈迦牟尼仏
山号円祥山
宗旨・宗派曹洞宗
創建時代1650年(慶安3年)
開山・開基一東異寅/南部29代藩主重信公
札所など

田名部海辺三十三観音・九番(聖観音菩薩)
田名部海辺三十三観音・十番(聖観音菩薩)

ご由緒

慶長19年(1614)本町坪家出身の禅達という僧が、大安寺道に庵を結び、曹洞宗の教義を布教したのが発祥とされている。
 寛永11年(1634)禅達が入寂し、しばらく無住であったところに一東異寅(いっとう いいん)が入庵して新寺造立に尽くし開山の僧となった。
 一東は岩手県豊間根村出身で幼名を一道と称し、南部29代藩主重信公(幼名を鍋松丸)とは花原市村(宮古市)の華厳院で共に手習いをし、水魚の交わりの仲であった。
 万治3年(1660)一東は七戸居城に於いて城主七戸隼人(後の重信公)に拝謁し、境内地、田地、山林を賜った。
 寛文3年(1663)から延宝年間中に至って堂塔建築、風致林植栽、碑石、石像等を起工した。
 宝暦4年(1754)本堂が焼失し、山門、経蔵等が残り、現在の本堂は明治15年、庫裡は昭和58年に再建された。

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2020年02月19日
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所むつ市大畑町本町80
Googleマップで地図を開く
エリア下北駅
行き方

JR東日本大湊線下北駅より車で約30分
下北交通バス大畑出張所より徒歩約7分

駐車場100台駐車可能
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!