御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年9月※義経寺ではいただけません

ぎけいじ|浄土宗龍馬山

義経寺

青森県 三厩駅

投稿する
0174-37-2045

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

境内に駐車スペースあり

巡礼

津軽三十三観音霊場第19番札所

おすすめの投稿

ハナナチエ
2023年09月11日(月)
2214投稿

義経伝説が残る「義経寺」

青森県津軽半島、R280沿いの上の方。国道沿いから本堂がみえ、国道沿いに「義経海浜公園」というバーベキューができそうな公園あり。
境内に駐車場あり。国道沿いからうねうね階段を登るか、青森r281でお寺の北側から境内に入るか。

仁王門を潜って正面に御堂。左側に弁天堂と鐘楼と「幸福の鐘」
御堂の左側の坂を登ってすぐに金毘羅堂、坂を登って本堂。本堂右側にお墓ゾーン。
本堂裏手には石碑。
国道沿いからだと「厩石」と呼ばれる大きな奇岩があり、道を挟んで地蔵堂、地蔵堂の横に山門、山門潜ったらうねうね細い階段。
高台なので目の前に津軽海峡が広がり、下北半島や北海道が見える。

平泉で自刃したとされる義経らが蝦夷地へ逃げ延びた伝説がある。
蝦夷地への渡航を望むも荒れ狂う津軽海峡が行手を阻み渡ることができない。義経は海岸の奇岩上に座り、三日三晩信仰する観世音を安置し、一心祈願を行った。満願の日、義経の前に白髪の翁が現れ、「3頭の龍馬を与える。これに乗って渡るが良い」と言い消え去った。翌朝海は凪ぎ、奇岩の穴に3頭の龍馬が繋がれていた。それを使い無事に蝦夷地へ渡航することができた伝説。
その故事から奇岩は「厩石」、地名は「三厩村」と呼ばれ、義経が安置した観音像が厩石の上にいたところ、円空仏師が発見し、流木で仏像を彫った中に観音像を安置し、小さなお堂を作りまつったのが当寺のはじまり、とされる。

津軽半島はもっと先に龍飛漁港があるけど、少なくとも江戸時代とかの記録だと北海道に渡る港は三厩漁港が主流だそうで、吉田松陰や頼三樹三郎らが渡航するのにも使っている。

早朝から雨が降ってたけど一時的に止んだ、朝の七時。朝日めっちゃ綺麗

義経寺(青森県)

山門

義経寺(青森県)

仁王門

義経寺(青森県)

仁王門はいってすぐの御堂

義経寺(青森県)

鐘楼

義経寺(青森県)

弁天堂

義経寺(青森県)

幸福の鐘

義経寺(青森県)

石碑。戦争系が多い

義経寺(青森県)

本堂

義経寺(青森県)

国道沿いにある「厩石」。デカすぎて全部入らない

義経寺(青森県)

多分、下北半島

義経寺(青森県)

仁王門前からの景色。 三厩港。

義経寺(青森県)

朝5時半の津軽海峡

義経寺(青森県)

角度的に北海道はこっち。見えない

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

義経寺の基本情報

住所青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩家ノ上76
行き方

今別町循環バス・義経寺前バス停下車徒歩数分

アクセスを詳しく見る
名称義経寺
読み方ぎけいじ
参拝時間

9:00〜16:00

参拝料

なし

トイレなし
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0174-37-2045
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号龍馬山
宗旨・宗派浄土宗
札所など

津軽三十三観音霊場第19番札所

文化財

円空仏(県指定重要文化財)

体験重要文化財武将・サムライ札所・七福神巡り伝説

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
水風船小バナー

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
に同意したものとみなします。