参拝者と神社お寺でつくる参拝記録共有サイト楽しみ方

さしでのいそだいたけさんじんじゃ

展望の社 差出磯大嶽山神社の歴史山梨県 山梨市駅

展望の社 差出磯大嶽山神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神大山祇命,大雷神,高靇神,金比羅神,国常立命,大巳貴命(大国主命),少彦名命
ご由緒

平安時代の古今和歌集(西暦905年)の
「しほの山差出の磯に住む千鳥君が御代をば八千代とぞ鳴く」を始め
内陸部でありながら海辺の磯の様に見えたことから古来より聖地として信仰されており、
鴨長明・松尾芭蕉・与謝野晶子など40首以上詠まれています
室町期の文安5年(1448)甲府盆地で大干ばつが起きたとき、雨乞いの神事をしたところ車軸の如く雨が降り、喜んだ方々が塔を寄進したと記されている。
表参道の笛吹川沿いの道は旧青梅街道であり、また4月29日の春まつりには1万人以上の人々が訪れ、山梨市最大のお祭りとして知られています。

歴史の写真一覧

ホトカミを応援してくださっている皆様

特別スポンサー

何かお気づきの点はありますか?
東京メトロ御朱印めぐり2021小バナー