御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

豊秋津神社のお参りの記録(1回目)
和歌山県紀伊田辺駅

投稿日:2021年04月16日(金)
参拝:2021年4月吉日
古来、雲の森大明神と称され、雲の上を司る神といい伝えられているこの神は、秋津王子と合併のため社名が豊秋津神社と改称され、田辺藩主安藤公の崇敬厚く、安藤直裕公の筆による社名額があり、渡御の宝物も安藤公の寄進になるものと伝えられている。
昭和14年頃までの祭典には、秋津谷、芳養谷、三栖谷など方々から馬が集まり、駆け馬が行われ非常な賑わいを呈した。
戦争で途絶え、その後は神馬1頭のお供えをしていたが、昨今は氏子内に馬がなく、境内に神馬像を奉じて渡御へのお供えは取り止めになっている。
祭典の準備は、2日前に宮掃除、御旅所の舗設、幟立て、提灯立て、湯立て行事の準備、御祓所、神馬の斉竹立て、注連張り等を大当屋を中心に始められる。
宵宮祭は、午後6時から総代、町内会役員等参列して斎行する。
例祭日は午前10時、宮総代、大当屋、渡御役員等約60名が参列し、12名の白丁姿の仕丁にかつがれた御輿に、塩ふり、大麻、国旗、白幟、赤幟、大榊、弓矢、空穂、太鼓、鉾、陣蓋、幣、祝詞箱、御軸、白幣、錦旗、警固、役員、神職氏子総代等が供奉し、打ちならす太鼓の音と共に、会津川右岸沿いに下り、秋津橋しもの御旅所に着く。

※和歌山県神社庁から引用しました。
豊秋津神社の鳥居
豊秋津神社の建物その他
豊秋津神社の建物その他
豊秋津神社の建物その他

すてき

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

宝さんのプロフィール画像

16投稿

宝さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
豊秋津神社の投稿をもっと見る1件
コメント
お問い合わせ