参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

妙善寺からのお知らせ2019年04月13日

妙善寺さんのプロフィール画像

妙善寺

こんにちは!!

4月13日土曜日、17時より、
「お経を学び、読み、書き写す会」を開催いたします!!

みなさんで、仏さまの教えを学び、読み、お書き写しいたしましょう!!

筆など、全てお貸出ししますので、
手ぶらで大丈夫です🙆‍♂️

よろしくお願いいたします!!
妙善寺の体験その他

すてき24

・・・
投稿した人:

妙善寺

妙善寺さんのプロフィール画像(11投稿)

※プロフィール
昭和56年生まれ。学生時代は映画とコントと落語に夢中で、部活やサークルでお笑いと映画漬けの日々を過ごす。

特に、立正大学在学中の四年間は、落語研究部に所属し、日夜、落語の研鑽に勤しんでいた。

大学卒業後、修行をして僧侶の資格を取得するも、なぜか、お笑いの道へ。

3年間、プロの芸人として、お笑いの活動をするも、師僧の病気のため、夢を断念。
心新たに、再び僧侶の道へ。

日蓮宗布教研修所にて半年の修行の後、日蓮宗総本山身延山久遠寺にて三年間、山務員をつとめる。

山務員時代は、休暇のたびに、身延近辺の老人ホームでの行事や各地区で催される敬老会に赴き、落語や漫談を披露していた。

山務員の任期終了に伴い帰京。平成二十五年より、東京麻布の妙善寺の住職となり、現在に至る。

住職となった今も、老人ホームや、様々な管区の本宗寺院、東北の仮設住宅などで、落語を行っている。

また、江戸時代の寺院形態をヒントに、
2013年から、未信徒教化、地域活性化と芸術家やミュージシャンなどの活動の場所を提供することを目的とした、書院・本堂の無料開放をはじめた。
その後、音楽ライブ、展覧会、映画祭、夏祭り、演劇上演、などなど、多くのイベントが開催されている。

お笑い芸人をしていたこともイベント開催にプラスになっており、その時の繋がりや経験が反映されている。

みんなのコメント(4)

武甕槌命

このような行事の書き込みは、参拝者にとっては、とてもありがたいですね。前もって情報がわかっていたら、参加しやすいかと思いますし、参加者も多くなるのではないでしょうか?

2019年04月13日
妙善寺

武甕槌命様、
ありがとうございます😊🙏
これからも、事前に情報をあげたいと思います🤗✨✨

2019年04月14日
武甕槌命

私は地方の田舎者ですので、なかなか上京できませんが、機会があれば参加してみたいです(^_^)。

2019年04月14日
武甕槌命

追伸、唯識に生きて行きたいと日々考えております。

2019年04月15日

妙善寺の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する