源覚寺

東京都 春日駅  行きたい
  • 投稿する
 

知り合いが眼の難病を患いお守りを買いに行きました。

昔の言い伝えで、
眼病をわずらった老婆が好物のこんにゃくをたち、一心に平癒を祈願すると、老婆の身替りに大王の右目が光りを失い、老婆は視力を回復したと言われ、そのことからこんにゃくえんま、身替りえんまと呼ばれるようになったようです。

こんにゃくえんま様を実際に見てみると、片目がやはりなかったのですが、左目は力強く近寄り難い少し怖い感じがしました。

塩地蔵もあり、悪いところを塩で撫でたり、良くしたい所を杖で指すと良いそうで、さっそく目を指し祈願しました。

絵馬も眼の専用の絵馬があり、こんにゃくえんま様が描かれていました。

こんにゃくえんま様が中に建物源覚寺(東京都 春日駅)

こんにゃくえんま様が中に

塩地蔵地蔵源覚寺(東京都 春日駅)

塩地蔵

眼病用の絵馬絵馬源覚寺(東京都 春日駅)

眼病用の絵馬

みんなのコメント

Kim Eriko

息子のために行きたい。

2017/09/26

ayaka

この後めの難病良くなるかもとお礼の連絡きました。

2017/09/26

源覚寺の投稿にコメントしませんか?

するとコメントできます。

源覚寺の投稿

名前:まゆち まゆち

小石川七福神めぐりの一つ。毘沙門天が祀られています。

4 0 投稿した日:2017年06月28日

源覚寺の情報をもっと見る

源覚寺のアクセス

住所 東京都文京区小石川2-23-14
エリア 春日駅

詳細情報

基本情報

名前 源覚寺
宗派 浄土宗
住所 東京都文京区小石川2-23-14
 現在地から神社お寺を見つける 

「季節に合わせた神社お寺の情報」
LINE@でお届けします。

友だち追加
投稿