御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

真言宗豊山派

如意輪寺のお参りの記録一覧
栃木県 野州平川駅

断捨離
断捨離
2020年12月13日(日)
1319投稿

大きく立派な門の前の石燈籠はカッコいいと思った!
境内も綺麗に整備されています。お昼時にもかかわらず、凛とした若いお坊さんが御朱印を書いて下さいました。
ボケ封じの観音様にもよーくお願いして、気を良くした次第です。

開基は焼失したため不詳ですが、以前は如意輪観世音菩薩が御本尊でしたが、1713年に奥の院に移され、本堂には大日如来様が安置されています。

如意輪寺の山門

長屋のような門の前のニョロっとした石燈籠が印象的です。

如意輪寺の山門
如意輪寺の仏像

ボケ封じ観音像
すがるのは何年が後の我が身と感じ、一心に祈ります。最近、ボケるのが怖くなってきました。

如意輪寺の本殿

屋根の形が特徴的ですね!
青空に映えます。

如意輪寺の本殿

奥の院
如意輪観世音様がいらっしいます。

如意輪寺の本殿
如意輪寺の手水

水琴窟が納経所の前にあります。
竹筒に耳をあて、じっくり待つと微かな音がしました。

如意輪寺の塔

石塔

如意輪寺の建物その他
如意輪寺の御朱印
もっと読む
Gorilla-King
Gorilla-King
2020年07月30日(木)
449投稿

関東88カ所霊場 第19 番札所 如意輪寺
真言宗豊山派 ご本尊大日如来

正式には東醍醐山乗琳院原之坊如意輪寺と称し、山城国宇治郡醍醐松橋無量寿院の末寺で小山城主の祈願所として建立されたと伝えられている。

開基は焼失のため不詳であるが、寺伝によると醍醐の僧・俊海により應永元年(1394)に中興され、中本寺として三十六ケ寺の末寺を有していたと伝えられている。

本尊は如意輪観世音菩薩であったが、正徳3年(1713)に奥之院に移され本堂には改めて大日如来を迎え現在に至っている。現在の奥之院観音堂は平成14年に開山6百年を記念して檀信徒により建立されたものである。

境内には、地域住民の信仰が篤い、子育・水子地蔵尊の他、長寿時代に生きる人々の心の支えとして、ぼけ封じ観世音菩薩が建立され関束ぼけ封じ観音霊場第26番札所にもなっている。

明治6年に象成學舎(後の大宮尋常小学校)が本堂で開校されてから、子どもたちとの縁の深いお寺で、戦時中は東京麻布からの学童疎開の子どもたちを迎え入れた歴史もある。現在は、仏教保育実践園として、認定こども園おおみや幼児教育センターが境内に隣接しており、本尊の知恵と慈悲につつまれた環境で多くの乳幼児が豊かな心を育んでいる。

寺宝として中世時代に描かれた両界曼荼羅と江戸時代以前のものと思われる三十三観音菩薩像がある。

如意輪寺の山門

山門

如意輪寺の建物その他

関東88カ所霊場で参拝したけど、三十三観音霊場の札所も兼ねてました

如意輪寺の地蔵

六地蔵

如意輪寺の手水

手水舎

如意輪寺の本殿

本堂

如意輪寺の像

お大師さま

如意輪寺の塔
如意輪寺の塔
もっと読む
行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ