御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※報恩寺ではいただけません

ほうおんじ|臨済宗妙心寺派松嶺山

報恩寺

栃木県 東武宇都宮駅

投稿する
028-633-2837

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

やさしいむらさき
2020年04月08日(水)
344投稿

松嶺山 報恩寺 
令和2年の参拝です。
静かで山門から本堂まで植木がとてもきれいです。
本堂も立派でとても素敵なお寺でした☺️✨

報恩寺の御朱印

参拝をしていただいた御朱印です。
「南無釋迦牟尼佛」墨書も達筆です✨

報恩寺の山門

山門、茅葺の唐門が素敵です。

報恩寺の本殿

戊辰戦争の戦火で焼失したのを、その後再建した本堂だそうです。

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

報恩寺の基本情報

住所栃木県宇都宮市西原1-3-13
行き方
アクセスを詳しく見る
名称報恩寺
読み方ほうおんじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号028-633-2837
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊釈迦牟尼仏
山号松嶺山
宗旨・宗派臨済宗妙心寺派
創建時代1639年(寛永16)
開山・開基奥平家昌の正室(開山)
本堂現在の本堂は戊辰戦争の戦火で焼失したのを、その後再建したものである。
文化財

延命院地蔵堂
宇都宮市指定文化財

ご由緒

報恩寺の開山は宇都宮藩藩主奥平家昌の正室・仙遊院(本多忠勝の娘)、創建年は1639年(寛永16年)といわれる。しかし、家昌の正室は1611年(慶長16年)に、また家昌自身も1614年(慶長19年)に没しており、創建年の1639年(寛永16年)と食い違う。

1639年には、家昌を継いだ後、幼少のため一時古河に所替えとなった奥平忠昌が、後継の本多正純を継いで宇都宮藩主となっていた。寺域には宇都宮氏の五輪塔があるが、その由来は不詳である。報恩寺は創建当時は市内松が峯にあったが、その後伊賀町西原(現在地)に移された。戊辰戦争(宇都宮城の戦い)では、寺域に近い六道の辻が主戦場となり、その戦火で本堂を焼失している。

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー