参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

西琳寺の投稿(1回目)by とし

としさんのプロフィール画像
とし
133投稿
《聖徳太子ご霊跡巡り その4》

日本最古の官道とされる竹内街道に面していた西琳寺。
竹内街道とは大和国と河内国を結んだ古代の幹線道路です。一説には、聖徳太子が大陸へ派遣された遣隋使と一緒に帰国の際に同行してくる大陸からの使者が通るためには立派な道路が必要だと考えて整備したものとされ、当時からかなりの人々の往来があったと考えられています。現在、竹内街道は国道166号線となり、飛鳥時代から現在に至るまで利用され続けています。

そんな交通の要所にあった西琳寺ですが、安土桃山時代の兵火にて中世以前の堂塔ほぼ全てを喪失。境内の庭に置かれた塔礎石が当時の姿を偲ばせています。

その5へ
https://hotokami.jp/area/osaka/Hmatz/Hmatztk/Dzasa/9047/167575/
その3へ
https://hotokami.jp/area/osaka/Hmatz/Hmatztk/Dazaa/9161/166886/
西琳寺の御朱印
《ご朱印》
聖徳太子ご遺跡第4番
西琳寺(大阪府)
西琳寺(大阪府)
西琳寺の山門
西琳寺(大阪府)
西琳寺(大阪府)
西琳寺(大阪府)
西琳寺(大阪府)
《塔礎石》
高さ2m近い塔礎石。重量は27トンを超えるとされ、塔礎としては飛鳥時代最大のものといわれます。

すてき25

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

のんびり投稿しています。
エモい写真が撮りたくて試行錯誤中。
「二十二社」巡礼結願。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」巡礼結願(自己認定)

令和元年8月うつ病発症→療養中に神頼み→神社参拝→ホトカミに出会う→投稿開始→参拝記録を高画質で残したくなる→ミラーレスカメラ購入→参拝頻度アップ→《紀伊山地の霊場と参詣道》巡礼開始→大峯山寺登拝目指してダイエット&トレーニング開始→職場復帰→体重12kg減に成功→令和2年8月大峯山寺登拝→10月弥山神社登拝→コロナ禍でステイホーム生活(今ココ)

《現在の撮影機材》
Fujifilm X-S10
XF23mmF1.4&XF35mmF1.4
XF90mmF2.0&XF16-55mmF2.8
🔰カメラ歴は令和2年2月から🐤
投稿は手持ち撮影jpegの撮って出し。

西琳寺の最新の投稿

(聖徳太子霊跡4番札所)
(河内六観音)
(河内飛鳥古寺7番札所)
(河内飛鳥七福神 恵比寿)

住宅街の中、入り組んだところにあります。
7世紀前半に百済系渡来人の王仁博士の後裔である西文氏により創建されたとみられ、創建時は現在よりも一回り大きい寺域を有し、難...

11

《聖徳太子ご霊跡巡り その4》

日本最古の官道とされる竹内街道に面していた西琳寺。
竹内街道とは大和国と河内国を結んだ古代の幹線道路です。一説には、聖徳太子が大陸へ派遣された遣隋使と一緒に帰国の際に同行してくる大陸からの使者が通るためには立派な道路が必要だと考えて整...

8

◆河内飛鳥古寺霊場

5

聖徳太子霊跡巡りにてお参りさせて頂いております。

11

 近鉄南大阪線の古市駅周辺は、大阪の難波宮と奈良・飛鳥を結んだ古代の竹内街道が通っていた場所です。その一角に、7世紀前半の創建と伝わる西琳寺がありました。ウイキペディアによると、境内の庭に置かれた高さ2メートル近い塔礎石は、重さが27トンを超え、塔礎としては飛鳥時代最大のも...

5

もっと見る(6件)神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

としさんの他の投稿

としさんの投稿をもっと見る
何かお気づきの点はありますか?