神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

ならまち康申堂の投稿(1回目)by garu

garuさんのプロフィール画像
garu
614投稿
2
奈良市の南に「ならまち」という比較的新しい町づくりされた一角があります。
町並み自体は古いのですが観光スポットとして整備された町です。
ここに赤い人形を縦に吊るしたものが軒先にかかっています。
これが「身代わり猿」とこの辺りでは呼ばれているもので、一般には「くくり猿」と呼ばれるものです。

とあるwebサイトで
 奈良市史によれば、当庚申堂では春・秋の庚申日には大根と蒟蒻の接待があるという(今どうなっているかは不明)。
そのせいか、堂の前に次のような説明文がが掲げられている。
『悪病や災難をもってくるという三尸の虫はコンニャクが嫌いだったので、人々は庚申の日にコンニャクを食べて退治した。また三尸の虫は猿が嫌いだという。猿が仲間と毛づくろいしている姿が、三尸の虫を捕って食べている格好に見えたので、恐れをなして逃げてしまうというわけである。そこで人々は、いつも家の軒先に猿を吊して悪病や災難が近寄らないようにと、おまじないをしている』と。誰が書いたか知らないが、面白い説明である。

と書かれてありました。

こじんまりとした建物はこの町並みに溶け込んでよく似合うと感じました。
屋根の猿が小さな「身代わり猿」を持っているのが可愛いです(笑)
ならまち康申堂の本殿
ならまち康申堂の建物その他
ならまち康申堂の狛犬
ならまち康申堂の狛犬

すてき2

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(2件)

ジンジャー

岐阜に1年住んでましたが、さるぼぼに似ていて驚きました。

2017年08月30日(水)
garu

「さるぼぼ」と言うのはどういうものか分かりませんが、多分、同じもので地方によって名前が違っているのかもしれませんね。

2017年08月30日(水)
ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

表具師の家に生まれた所為で、小学校の頃から寺社仏閣に参拝。変貌する寺社仏閣を記憶から呼び起こして投稿できたらと思っています。

ならまち康申堂の最新の投稿

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

garuさんの他の投稿

garuさんの投稿をもっと見る

ならまち康申堂の情報

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
女人高野御朱印めぐり ―南海電車の旅―