御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年4月
梅園身代り天満宮ではいただけません
広告

うめぞのみがわりてんまんぐう

梅園身代り天満宮
長崎県 正覚寺下駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

梅園身代り天満宮について

この天満宮は、元禄13年(1700)創建の丸山町の氏神様で、昔から“身代り天神”と呼ばれ親しまれてきた。“身代り”と呼ばれるのは、創建者の安田次右衛門が、ある夜何者かに襲われ左脇腹を槍で刺され倒れたがどこにも傷がなく、その代わりに自邸の祠の天神像が左脇腹から血を流していたことによるのだという。また、丸山の遊女達も身代を“みだい”と呼び、自分の生活に苦労がないことを願って参拝した。なかにし礼の小説『長崎ぶらぶら節』の主人公である丸山芸者・愛八もよく参拝していたゆかりの神社だ。

『長崎ぶらぶら節』舞台となったことを記念して、ゆかりの地である梅園身代り天満宮の入り口付近に、なかにし礼氏の書を刻んだ記念碑が建立されている。

梅園身代り天満宮の基本情報

住所長崎県長崎市丸山町2−20
行き方

思案橋、または正覚寺下電停から徒歩約8分。思案橋バス停から徒歩8分。
路面電車/長崎駅前電停から正覚寺下行きに乗車し、思案橋電停まで約10分、終点・正覚寺下電停まで約12分。
長崎バス/長崎駅前東口バス停から早坂・風頭方面行き、または長崎駅前南口バス停から田上・茂木方面行きに乗車し、思案橋バス停まで約15分。

アクセスを詳しく見る
名称梅園身代り天満宮
読み方うめぞのみがわりてんまんぐう
電話番号095-823-2281
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.at-nagasaki.jp/spot/61018/

詳細情報

ご由緒

この天満宮は、元禄13年(1700)創建の丸山町の氏神様で、昔から“身代り天神”と呼ばれ親しまれてきた。“身代り”と呼ばれるのは、創建者の安田次右衛門が、ある夜何者かに襲われ左脇腹を槍で刺され倒れたがどこにも傷がなく、その代わりに自邸の祠の天神像が左脇腹から血を流していたことによるのだという。また、丸山の遊女達も身代を“みだい”と呼び、自分の生活に苦労がないことを願って参拝した。なかにし礼の小説『長崎ぶらぶら節』の主人公である丸山芸者・愛八もよく参拝していたゆかりの神社だ。

『長崎ぶらぶら節』舞台となったことを記念して、ゆかりの地である梅園身代り天満宮の入り口付近に、なかにし礼氏の書を刻んだ記念碑が建立されている。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ