御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年7月22日
槵觸神社ではいただけません
広告

くしふるじんじゃ

槵觸神社のお参りの記録(1回目)
宮崎県北川駅

投稿日:2023年02月14日(火)
参拝:2023年1月吉日

【日向國 古社巡り】

槵觸神社(くしふる~)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井にある神社。式外社(国史見在社)論社で、旧社格は県社。祭神は天津彦彦火瓊瓊杵尊、天児屋根命。神体は槵觸山。

創祀は不詳。槵觸山の中腹に鎮座し、同山を神体山とするため、長く本殿を持たなかったとされる。槵觸山は、日本神話の天孫降臨の聖跡と言われ、『日本書紀』に記載のある「高千穂の槵觸之峯(くじふるのたけ)」、「槵日高千穂之峯(くしひのたかちほのたけ)」、『古事記』に記載のある「筑紫の日向の高千穂之久士布流多気(きじふるたけ)」に比定され、古来霧島山とともに天孫降臨の有力な比定地とされ、霧島神社と並び称された。また当社を国史に見える「高智保神(高智保皇神)」とする説があり、「高智保神」は『続日本紀』には843年に神階奉授、『日本三代実録』には858年に神階昇叙の記載がある。ただし、927年に編纂された『延喜式神名帳』には記載がない。
社伝によると、江戸時代中期の1694年に高千穂神社宮司が延岡藩主・三浦明敬の援助を仰ぎ、高千穂18郷の郷民の協力の下、初めて社殿が建立された。のち延岡藩主・内藤氏も例祭に代参を派遣して神事料を奉納するなどしている。明治時代に入り、国史見在社に比定されたため、県社に列格した。

当社は、JR日豊本線・延岡駅の西北道のり43kmほどの街の外れ、小山の森を切り拓いた道沿いにある。境内入口の鳥居をくぐると、あとはすべて森の中で、緩やかに登る参道を進むと、社殿前にほど良い階段がある。相当な樹齢の巨木に囲まれた社殿は大きくかなり立派。かなり森が深く、夕方の遅い時間だったので、よほどの神社好きでない限り参拝者は来ないだろうと思っていたが、地元民と思われる夫婦が参拝に訪れびっくりした。さすが天孫降臨比定地の神社。

今回は、日向国の式外社、宮崎県の旧県社であることから参拝することに。参拝時は夕方遅めの時間であったが、上述の通り、自分たち以外にも参拝者が一組いた。
槵觸神社(宮崎県)
境内南西端入口の<鳥居>。社号標はない。
扁額には難しい漢字で「槵觸神社」と書いてあるが普通の人は読めないのでは?(^_^;)
槵觸神社(宮崎県)
鳥居をくぐって参道を進む。参道は両側を紐と紙垂で仕切られている。
さすが天孫降臨の比定地だけあって、ほど良い暗さとしっとりとした空気感が良い(マイナスイオンが飛びまくっているイメージ)。
槵觸神社(宮崎県)
やがて参道左側に現れる<社務所>。
槵觸神社(宮崎県)
さらに進むと参道左側に<手水舎>。
槵觸神社(宮崎県)
手水舎後方の樹木群が太くて高く、古社らしい抜群の雰囲気。
槵觸神社(宮崎県)
いよいよ階段を登る。
槵觸神社(宮崎県)
階段を1セクション登り切ったところの右手にある<相撲場>。
槵觸神社(宮崎県)
2セクション目の階段を登る。
槵觸神社(宮崎県)
いよいよ<拝殿>が見えてくる。そう言えば、当社には狛犬がいない。
槵觸神社の本殿
<拝殿>正面。注連縄に赤と緑の紙垂が付けられているのが珍しい。
槵觸神社の本殿
<拝殿>内部。ちゃんと灯りが点くようになっている。
槵觸神社の建物その他
拝殿から振り返って境内全景。
槵觸神社の建物その他
拝殿に向かって左手にある建物。表札等はないが祭器庫かな。
槵觸神社(宮崎県)
拝殿後ろの<本殿>。
槵觸神社の本殿
拝殿と本殿のバランスはこんな感じ。間にあるのは雪下ろし用のすべり台?(。´・ω・)?
見たところ非常にきれいで、近年改築されたみたい。
槵觸神社の本殿
最後に<拝殿>全景。誰も来ないだろうと思っていたところに、後から夫婦連れがやって来てビックリした。
(^▽^)/

すてき

御朱印

みんなのコメント0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎1269投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2023年も引き続き、日本各地(目標:寺社巡りをしたことのない都道府県をなくす)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

①そろそろ<西国・坂東・秩父百観音巡礼>を結願したい。
  残りは和歌山県と、兵庫県日本海側、バイクで行ける近場の秩父。
②天孫降臨の<南九州>を巡る。
③いつかは廻ってみたい<四国八十八カ所巡り>。

(1月)東京都、熊本県、宮崎県、鹿児島県
(2月)福岡県、佐賀県、長崎県、徳島県
(3月)広島県
(4月)大阪府、兵庫県

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県、実績:20都道府県)の寺社仏閣を廻ってみました(449寺社)。

東京都、三重県、岐阜県、愛知県、静岡県、山梨県、沖縄県、滋賀県、福岡県、長野県、
兵庫県、岩手県、埼玉県、長野県、北海道、富山県、青森県、福井県、佐賀県、山口県

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
槵觸神社の投稿をもっと見る56件
コメント
お問い合わせ