御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

白鳥神社の御由緒・歴史

岩手県 村崎野駅

ご祭神《主》日本武尊
ご由緒

鎌倉時代の1212年(建暦2年)、和賀郡の領主であった和賀氏の祖で式部大輔を務めた多田忠明によって二子城内に創建され、代々の守護神として尊崇を受けた。同氏の庇護は豊臣秀吉の奥州仕置まで続いた。 江戸時代以降、南部氏の統治下になり、1783年(天明3年)源正末より社領三石二人扶持を、また1843年(天保14年)には南部釿次郎より神号額を奉納され、同年に現在の社殿が再建されている。社殿の造営復興は二子通と万丁目通の住民が奉仕した。

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中