御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年8月※羽山神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

としさん
2022年02月20日(日)
139投稿

冬の滝巡りの途中でたまたま立ち寄りました。
いつもすぐそばまで来ていたのに、気づかずに申し訳ありません。

羽山神社の創建は大同2年(807)、坂上田村麻呂が東夷東征の際、戦勝祈願の為、羽山山頂に羽山祇命(イザナギとイザナミの御子神であるカグツチが死去した際、その右手から生まれた神)の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。その後、神仏習合し出羽三山羽黒山修験の荒沢薬師如来を祀り羽山大権現と称されました(出羽三山は以前は湯殿山ではなく葉山がその地位にあり葉山信仰の影響を受けたと思われます。)。
歴代領主から崇敬庇護され特に江戸時代に入ると花巻城主の祈願所となり南部藩主が台温泉に湯治に訪れた際、決まって参拝したそうです。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式(別当専蔵院)が廃され、明治41年(1908)に現在地に遷座しました。

雪が多くて散策ができませんでしたので、次回は雪がない時期に参拝したいと思います。ありがとうございました。

羽山神社の歴史

羽山神社の由来が詳しく書いてありました。

羽山神社(岩手県)

雪深い中、ひっそりと佇んでいる感じの神社でした。
雰囲気はすごくいいです。

羽山神社(岩手県)

正面の参道は、階段のところに屋根から落ちた雪が積もっていて進めません。
が、左側から回って参拝します。

羽山神社(岩手県)

安心してください。通れますよ。

羽山神社の本殿

本坪(鐘紐)が可愛らしくなっています。

羽山神社(岩手県)

羽山神楽の説明。
見てみたいですね。

もっと読む
フクロー
2022年07月08日(金)
49投稿

今日が夏季例祭とのことで、沢山の人々が集まっていました。
この近くには台温泉や花巻温泉があり、お湯も沸きますが湧水が手水社に使われているのは珍しいです。

羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)

手水舎の水は湧水です。近隣の方が湧水を汲みに来られていました。
コーヒーを入れたり、ご飯を炊くのに使われており、おいしいと話されていました。

羽山神社の狛犬羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社の建物その他羽山神社(岩手県)羽山神社の末社羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社(岩手県)羽山神社の建物その他羽山神社(岩手県)
もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

歴史

807年征夷大将軍坂ノ上田村麻呂によって花巻稗貫地方の蝦夷討伐の際、戦勝とその鎮護を祈願し羽山祇命(ハヤマツミノミコト)を勧誘し堂宇を建て羽山大権現と尊号したものと伝えられています。
 口碑の伝うる所によれば維新前に於いては村内の産土神たりしは勿論の事、南部藩主湯治の際お立ち寄り御参拝され、更には代々花巻城主の祈願所であり、士籍にある者名家を相続した時は必ず先づ此処に詣で、武運の長久を祈願したと云う。また羽黒山修験の流れをくみ荒沢薬師如来を併祀衆生の病患を救い、無明の疾病を癒すといわれ遠近の人々に篤く崇敬せられた。
 羽山神社の本宮は御神山羽山頂上にあり里宮はかつて湯本第18地割(金矢と松山寺の間)にあったが、明治41年当地に移し現在に至っている。
 尚、旧正月16・17日、別当専蔵院の修行のもとに奇祭蘇民祭が行われていたが、参加者が年々滅る傾向の為昭和36年から中止され蘇民袋争奪の勇壮な姿は今は見られない。

歴史をもっと見る|
1

羽山神社の基本情報

住所岩手県花巻市湯本台第1地割1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称羽山神社
読み方はやまじんじゃ
トイレあり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》羽山津見命
ご由緒

807年征夷大将軍坂ノ上田村麻呂によって花巻稗貫地方の蝦夷討伐の際、戦勝とその鎮護を祈願し羽山祇命(ハヤマツミノミコト)を勧誘し堂宇を建て羽山大権現と尊号したものと伝えられています。
 口碑の伝うる所によれば維新前に於いては村内の産土神たりしは勿論の事、南部藩主湯治の際お立ち寄り御参拝され、更には代々花巻城主の祈願所であり、士籍にある者名家を相続した時は必ず先づ此処に詣で、武運の長久を祈願したと云う。また羽黒山修験の流れをくみ荒沢薬師如来を併祀衆生の病患を救い、無明の疾病を癒すといわれ遠近の人々に篤く崇敬せられた。
 羽山神社の本宮は御神山羽山頂上にあり里宮はかつて湯本第18地割(金矢と松山寺の間)にあったが、明治41年当地に移し現在に至っている。
 尚、旧正月16・17日、別当専蔵院の修行のもとに奇祭蘇民祭が行われていたが、参加者が年々滅る傾向の為昭和36年から中止され蘇民袋争奪の勇壮な姿は今は見られない。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2