御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※大隣寺ではいただけません
投稿する
0243-22-1063

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

🌻向日葵🌻
2021年10月12日(火)
636投稿

二本松藩主・丹羽家の代々の菩提寺です。
戊辰戦争で戦った二本松少年隊16名の供養塔があります。
毎年7月に二本松少年隊墓前祭が行われます。

大隣寺(福島県)大隣寺(福島県)大隣寺の建物その他大隣寺の建物その他

少年隊の供養塔

大隣寺(福島県)大隣寺の歴史大隣寺の建物その他

歴代の二本松藩主が眠られてます🙏🙏🙏🙏🙏

大隣寺の歴史大隣寺(福島県)大隣寺の建物その他大隣寺(福島県)

大隣寺前に有ります。

大隣寺(福島県)

手書きの御朱印は、境内で志納料を納め、いただくようですが、たまたま一枚も無くてお隣の寺務所にお声かけしたら、快く出していただけました😊

もっと読む
投稿をもっと見る(8件)

歴史

大隣寺は、初代長秀公の菩提を弔う為、2代、丹羽長重は、寛永4(1627)年、越前国の融法全祝大和尚を招き、白河の地に大隣寺を建立した。

寛永20(1643)年、3代光重公は白河より、二本松へ国替となり、冬には大隣寺も二本松に移り、二本松藩主歴代菩提寺となった。
寺領は100石余りで、その後、方角などの理由から城下内において2度移転し、現在地の場所に移りました。
現在の本堂は文化8(1811)年の大改築によって築かれたもので戊辰戦争直後には、二本松藩庁の仮事務所や藩校などにも使用されました。
寺号は、初代長秀公の法名(総光寺殿大隣宗徳大居士)の大隣に由来し、寺紋には丹羽家の家紋「違棒(ちがいぼう)」を用いています。

歴史をもっと見る|
4

大隣寺の基本情報

住所福島県二本松市成田町1-532
行き方
アクセスを詳しく見る
名称大隣寺
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0243-22-1063
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

宗旨・宗派曹洞宗
ご由緒

大隣寺は、初代長秀公の菩提を弔う為、2代、丹羽長重は、寛永4(1627)年、越前国の融法全祝大和尚を招き、白河の地に大隣寺を建立した。

寛永20(1643)年、3代光重公は白河より、二本松へ国替となり、冬には大隣寺も二本松に移り、二本松藩主歴代菩提寺となった。
寺領は100石余りで、その後、方角などの理由から城下内において2度移転し、現在地の場所に移りました。
現在の本堂は文化8(1811)年の大改築によって築かれたもので戊辰戦争直後には、二本松藩庁の仮事務所や藩校などにも使用されました。
寺号は、初代長秀公の法名(総光寺殿大隣宗徳大居士)の大隣に由来し、寺紋には丹羽家の家紋「違棒(ちがいぼう)」を用いています。

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー