神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
パーキング
駐車場
-
御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

nijinsky1967
2020年03月01日(日)
13投稿

駅から分かりづらいですが国道下の案内板からは一本道です。境内の手前に急な階段がありますが、『夫婦桂(おんな)』から右に道があります。

鶴形金刀比羅宮の本殿鶴形金刀比羅宮の建物その他

国道7号線下の案内板

鶴形金刀比羅宮の周辺

国道ガード下を進みます

鶴形金刀比羅宮の周辺

入口が見えてきます

鶴形金刀比羅宮の周辺

池に赤い橋があります

鶴形金刀比羅宮の周辺

境内の前にある急な階段

鶴形金刀比羅宮の建物その他

夫婦桂(おんな)

鶴形金刀比羅宮の歴史

由緒書

鶴形金刀比羅宮の本殿

境内

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

歴史

 金刀比羅宮は船乗りの守り神として、県沿岸の船乗りや漁民たちから信仰をあつめていた。明治・大正時代には、男鹿船川、土崎、金浦、岩館などの船乗りたちが、能代から人力車で参拝に訪れたという。
また近郷の農民たちも五穀豊穣・家内安全を願って参拝に訪れたため、祭典日ともなると鶴形名物の蕎麦屋台には長蛇の列ができ、村が狭く感じる程の人で大変賑わったという。
 この金刀比羅宮を建立したのは、鶴形村で代々酒造業営んできた小林家の十三代当主七右衛門正舜(しちえもんまさかつ)である。正舜は少年時に天然痘にかかってしまったが、四国の金比羅神社祈願したところ九死に一生を得て完治したという。以来金比羅神社への信仰を篤くし、何度も参拝に訪れたという。
 やがて金比羅神社より御分霊を拝領し、鶴形村に堂宇を建立することを決意。社殿は江戸時代末期の安政二年(一八五五)に起工したが、彫刻も含め全て完成したのは文久三年(一八六三)であった。
 建築棟梁は同村の笠井喜右衛門、彫刻棟梁は能代門前の石山孫右衛門。社殿に施された多様な彫刻には当時の細部技法がよく表れており、彫刻師の意気込みが伝わってくる。
 総工費は六千三百八十両。これほどの資金調達できたのは、正舜が北方郡奉行所勘定方と郡内肝煎を兼任し苗字帯刀御許預り証を有していた鶴形村一の資産家であったからだろう。
現在の当主は十七代目小林昭一氏(東京都在住)である。
平成二十二年に、鶴形地区の有志により、社殿並びに境内地の大規模な修復事業が行われ、往時の姿を今に留めている。

文責 宮司 小笠原千賀子

歴史をもっと見る|
1

鶴形金刀比羅宮の基本情報

住所秋田県能代市山神社前
行き方

JR鶴形駅より徒歩で20分。

アクセスを詳しく見る
名称鶴形金刀比羅宮
読み方つるがたことひらぐう
トイレなし
御朱印なし

詳細情報

ご祭神大物主神
創建時代創建1857年
ご由緒

 金刀比羅宮は船乗りの守り神として、県沿岸の船乗りや漁民たちから信仰をあつめていた。明治・大正時代には、男鹿船川、土崎、金浦、岩館などの船乗りたちが、能代から人力車で参拝に訪れたという。
また近郷の農民たちも五穀豊穣・家内安全を願って参拝に訪れたため、祭典日ともなると鶴形名物の蕎麦屋台には長蛇の列ができ、村が狭く感じる程の人で大変賑わったという。
 この金刀比羅宮を建立したのは、鶴形村で代々酒造業営んできた小林家の十三代当主七右衛門正舜(しちえもんまさかつ)である。正舜は少年時に天然痘にかかってしまったが、四国の金比羅神社祈願したところ九死に一生を得て完治したという。以来金比羅神社への信仰を篤くし、何度も参拝に訪れたという。
 やがて金比羅神社より御分霊を拝領し、鶴形村に堂宇を建立することを決意。社殿は江戸時代末期の安政二年(一八五五)に起工したが、彫刻も含め全て完成したのは文久三年(一八六三)であった。
 建築棟梁は同村の笠井喜右衛門、彫刻棟梁は能代門前の石山孫右衛門。社殿に施された多様な彫刻には当時の細部技法がよく表れており、彫刻師の意気込みが伝わってくる。
 総工費は六千三百八十両。これほどの資金調達できたのは、正舜が北方郡奉行所勘定方と郡内肝煎を兼任し苗字帯刀御許預り証を有していた鶴形村一の資産家であったからだろう。
現在の当主は十七代目小林昭一氏(東京都在住)である。
平成二十二年に、鶴形地区の有志により、社殿並びに境内地の大規模な修復事業が行われ、往時の姿を今に留めている。

文責 宮司 小笠原千賀子

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ