参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

草城神社秋田県 十和田南駅

草城神社秋田県 十和田南駅

秋田県 鹿角市十和田草木字館ノ下52
0186-37-2013

アクセス

住所鹿角市十和田草木字館ノ下52
Googleマップで地図を開く
エリア十和田南駅
近くの駅

◼︎JR花輪線
十和田南駅から直線約4.67km
徒歩約1時間52分
車で約23分
Googleマップで確認



◼︎JR花輪線
柴平駅から直線約5.09km
徒歩約2時間2分
車で約25分
Googleマップで確認



◼︎JR花輪線
末広駅から直線約8.46km
徒歩約3時間23分
車で約42分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

草城神社について

基本情報

名称草城神社
電話番号0186-37-2013
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》大日霊命,倉稲魂命,大己貴命,伊弉冊命,大山祇命,誉田別命,白山姫命
ご由緒

正徳元(1711)年、草木村中にて稲荷神社として創建したと伝えられる。
 
この草城神社周辺の草木の里は、錦木伝説に出てくる若者の万寿の里である。草城神社は、この地の稲荷神社として創建されたもので、神社の地にはかつて館があったとされる。

 この草木の里の里長の子の万寿は錦木を商っていたが、この地方の領主の娘の政子姫を市で見かけ好きになってしまった。当時、男は女を妻にしたいと思うと、その女の家の前に錦木を立てる慣わしがあった。それを女が家の中に取り入れると、嫁いでも良いということであった。

 若者は、錦木を姫の家の前へ、雨の日も大風の日も、吹雪く日も毎日立て続けた。政子姫はそのような若者の姿を見ているうちに若者を好きになっていた。

 しかし布を織るのが上手な政子姫は、このとき、この地に災いをもたらしていた大鷲を退散させるための、鳥の毛を混ぜた布を織っていた。姫は三年三月の間観音様に願をかけ、身を清めて布を織っていたのである。そのために、嫁に行くという約束は出来なかった。

 それを知らない万寿は、来る日も来る日も錦木を立てつづけたが、あと一日で千束になるという日、女の家の門前で降り積もった雪の中でかえらぬ人となった。姫もそれから間もなく、鳥の毛を混ぜた布を織り終えると、若者の後を追うようにこの世を去った。

 姫の父は、この二人をあわれに思い、若者のなきがらをもらい受け、千束の錦木といっしょに、一つの墓に夫婦として葬ったと云う。

ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2019年03月17日


アクセス

住所鹿角市十和田草木字館ノ下52
Googleマップで地図を開く
エリア十和田南駅
近くの駅

◼︎JR花輪線
十和田南駅から直線約4.67km
徒歩約1時間52分
車で約23分
Googleマップで確認



◼︎JR花輪線
柴平駅から直線約5.09km
徒歩約2時間2分
車で約25分
Googleマップで確認



◼︎JR花輪線
末広駅から直線約8.46km
徒歩約3時間23分
車で約42分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?