神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

ご利益

老犬神社について

車が便利ですが、大きな道からPまでが不安になるくらい狭い箇所があります。鳥居前まで上がってしまえばPは転回も容易な広さあるのでご安心を。山道を180mほど上がる必要があるので足の不自由な方には不向き。秋田犬保存会や犬好きの皆様がお詣りされているようです。

おすすめの投稿

ミホッチ☆
2018年08月08日(水)
33投稿

愛犬の長毛秋田犬野菊と。

老犬神社の建物その他

入り口

老犬神社の動物

こんな山道を登っていきます。赤土の部分も多く滑りやすいので気を付けて!

老犬神社の建物その他

渋い!雰囲気ある!

老犬神社の鳥居

老犬神社

老犬神社の本殿

お詣りは自由にできますが、一度火事で焼失されているらしいのでお詣り後の火の始末は十分に!

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

老犬神社の基本情報

住所秋田県秋田県大館市葛原
行き方

JR花輪線沢尻駅から徒歩で30分

アクセスを詳しく見る
名称老犬神社
読み方ろうけんじんじゃ
通称老犬神社
ホームページhttps://www.jalan.net/kankou/spt_05204ag2130009202/

詳細情報

ご祭神シロ
ご由緒

老犬神社は、大館市葛原(旧南部領土深井に接した旧秋田領の最東端)の山腹にあります。社殿は昭和11年7月18日未明の火災で1度焼失してしまいましたが、その後改築して現在に至っています。
この神社には「シロ」という忠犬の物語が残っており、そこに登場する「シロ」が祀られている神社です。この物語は実話であるとされ、物語に登場する狩猟免状などが今も残されています

 その昔、鹿角市大湯(旧南部領)に代々定六と名乗るマタギが居り、先祖の功によって領主から天下御免の狩猟免状(他の領内はもとより、寺社内でも猟が認められる書状)が与えられていました。定六には、シロという飼犬がいて、狩猟のよき協力者でした。

 ある寒い冬のこと。定六とシロはカモシカを追って、鹿角境を越え三戸城の近くまでいきましたが、獲物を見失い落胆していました。愛犬シロに励まされ帰路につこうとした矢先、突然数人の男に取り囲まれました。男達は三戸領の役人で、領内で発砲した罪で定六を捕らえに来たのです。定六は天下御免の狩猟免状を見せようと懐中に手を入れようとした瞬間、不覚にもその日に限って、狩猟免状を忘れて来たことに気付きました。日頃無口であった定六が一心に事情を釈明したものの、聞き入れてはもらえず、定六は役人たちに強引に捕らえられ投獄されてしまいました。

 捕らわれた定六は、免状を取ってくるようシロに繰返し語りました。するとシロはブルブルと大きく身震いし、暗闇の中に消えて行きました。

 シロは家にたどり着くと、定六の妻に向かってせわしなく吠えましたが、彼女には何のことか判りませんでした。 再び定六の元へ戻ったシロに、定六は免状を取ってくるようその場所を何度も語りました。そしてシロは疲れた体を休めることなく、また十幾里の雪の山河を家へと駆け戻り、免状の置き場所である仏壇の下で激しく吠えました。ようやく定六の妻は免状のことと思い当たり、慌ててそれをシロの首に結び付けました。 しかし、シロが精魂を尽くして三度、定六の元へ駆け戻ったときには、すでに定六は処刑されており、亡骸が無惨に横たわっていました。
 その夜以来、森の山頂からは幾夜幾日となくシロの悲しい咆哮が三戸の城下に響きました。やがて、この地方には天変地異がおこり、定六の処刑に関連した人々は無惨な死を遂げたといいます。
その後、所払いを受けた定六の妻とシロは秋田領十二所館に近い葛原に移りましたが、いつからかシロの姿が見えなくなり、ある日白骨化した死骸が近くの丘で発見されました。この後、武士が馬でこの丘を通りかかると突然馬が暴れだし、落馬して大けがをする、ということが幾度となく繰返されたため、村人は主を殺した武士に対するシロの怨念だと恐れ、供養しようと山腹に神社を建ててシロを祀りました。そして地域の人々は永くこの悲話を伝え、今もシロへの愛情を守り続けています。(大館市観光HPより抜粋)

体験伝説

Wikipediaからの引用

概要
老犬神社(ろうけんじんじゃ)とは、秋田県大館市葛原にある神社。伝説のマタギ犬を祀っている。神社には多くの犬の像や絵馬、写真が奉納されていて、「秋田犬」の字も見える。 近年秋田犬の飼育熱は盛んになり遠く海外まで広がる。毎年旧暦4月17日18日の老犬神社の大祭には、地元の人々はじめ遠方からの参拝者で賑わう。 2020年(令和2年)4月17日、創建400年祭が行われ、地域住民ら約60人が地元に伝わる哀話に思いをはせた。葛原自治会が祭りに合わせてシロの石像を建立した。
引用元情報老犬神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E8%80%81%E7%8A%AC%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=88145309

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ