御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

天龍山 誓海寺の日常(4回目)愛知県河和駅

誓海寺新作御朱印の案内 令和4年10月達磨大師御朱印

投稿する
0569-82-2219

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2022年09月23日(金)
直書き対応、住職のみ対応、預かり可、郵送受付可、書置き
10月以降も対応できます。
天龍山 誓海寺の御朱印
普通ご朱印帳4面使用 見開き御朱印帳2面使用 奉納料1500円
天龍山 誓海寺の御朱印
普通ご朱印帳2面使用 見開き御朱印帳1面使用 奉納料800円

直書き対応、住職のみ対応、預かり可、郵送受付可、書置き
10月以降も対応できます。
※ご朱印帳の紙によっては、薄墨の部分がうまくでないことがあります。
手書きですので、見本と変わることがあります。
郵送受付は、現金書留か郵便小為替で受付しております。
受付方法は当寺のホームページ『御朱印』のタグからご確認下さい。

達磨大師は、中国北魏・梁代頃に、インドから来た渡来僧と伝えられ、
お釈迦様から数えて28代忌目のお祖師さま、
中国禅宗の初祖とされるお方で、
円覚大師えんがくだいし菩提達磨ぼだいだるま
大和尚だいおしょうと称します。
如何いかなるか是これ聖諦第一義しょうたいだいいちぎ。
(仏法の根本義はと何でしょうか?)
磨ま云いわく、廓然無聖かくねんむしょう。
(カラリとして、聖なるものなど何もない。)
帝てい云いわく、朕ちんに対たいする者ものは誰たそ。
(一体、私の前にいるあなたは誰なのでしょうか?)
磨ま云いわく、不識ふしき。
(そんな事は知らない。)
この問答は、「達磨廓然だるまかくねんの話」として有名でありますが、
文字にとらわれず自己の本来の面目に徹することを目指す、
達磨大師の禅思想をよく示しております。
達磨大師は10月5日に、論敵の毒殺によって亡くなられたと言われています。
達磨忌は、達磨大師の命日にあたり報恩の法要を営み、ご遺徳をしのぶ日です。

すてき

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、情報を発信しようという気持ちになりますし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
天龍山 誓海寺のお知らせをもっと見る4件
コメント
お問い合わせ