御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2023年2月※隠岐神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

ご利益

隠岐神社について

後鳥羽上皇をまつる神社


隠岐神社は後鳥羽上皇をまつりする神社として昭和14年に創建されました。
境内がとても広く、春には桜を見にくる参拝客で賑わいます。

本殿は隠岐造り


隠岐神社の本殿は、隠岐造りという造り方で建てられたものです。
隠岐造りとは、日本の神社建築様式の一つで、隠岐島に鎮座する神社に見られる、隠岐地方独特の様式です。

おすすめの投稿

西村 愛
2017年06月28日(水)
30投稿

ここは日本海に浮かぶ島、隠岐の島。そんな島に宮内庁管轄の場所があるのです。それが海士(あま)町の隠岐神社。
流刑の地であった隠岐の島には後醍醐天皇や後鳥羽上皇がいます。後醍醐天皇はその後隠岐を脱出して南北朝時代を築きますが、後鳥羽上皇はそのまま隠岐の島で没します。
よってここは御火葬場でもあり、上皇が最後まで住んだ場所として宮内庁管轄になっているのです。
すぐ隣には「村上家」という代々墓守を続けている家もあります。

隠岐の島でも小さい島からなる「島前(どうぜん)」に位置する神社なので、かなりハードルは高いです。しかし宮内庁の敷地内に自由に出入りできる貴重な神社であるとも言えます。

隠岐の島は流刑の地ではありましたが罪人はやってきておらず、天皇家など位の高い人がやってきていました。天皇・上皇は島では大変丁寧なもてなしを受けていたようですが、やはりその没落につらい日々を送っていました。島の人たちは天皇を楽しませるために舞を踊ったり牛突きを行ったりしていたようです。
後鳥羽上皇は和歌の達人でもあったので、あちこちに句碑が残っています。

隠岐神社の建物その他隠岐神社の狛犬隠岐神社の建物その他隠岐神社の建物その他隠岐神社の建物その他

御火葬場。遠目からの撮影、近づくことはできません。

隠岐神社の
もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

隠岐神社の基本情報

住所島根県隠岐郡海士町海士1784
行き方
アクセスを詳しく見る
名称隠岐神社
読み方おきじんじゃ
通称御鳥羽さん
御朱印あり

限定御朱印なし
ホームページhttp://okijinja.sakura.ne.jp/4000/index.html
SNS

詳細情報

ご祭神《主》後鳥羽天皇
創建時代昭和十四年

Wikipediaからの引用

概要
隠岐神社(おきじんじゃ)は、島根県隠岐郡海士町に鎮座する神社である。 海士町は隠岐諸島の島前(どうぜん)にある中ノ島を主島とする1町1島の自治体である。社格は旧県社。
歴史
歴史[編集] 境内 承久3年(1221年)、承久の乱によって隠岐へ配流された後鳥羽天皇(配流時は法皇)は、当地の源福寺を行在所とし、旧在庁官人で海士郡の公文、田荘両職を兼帯した村上氏が身辺警護と監視にあたっていたともいわれている[1]。19年後の延応元年(1239年)2月22日に崩御して同25日に源福寺裏山で火葬にされ、遺灰を埋納して火葬塚を営んだ。万治元年(1658年)、松江藩主松平直政が廟殿を造営し、明治まで維持に努めたが、明治2年(1689年)に廃仏毀釈の影響で源福寺は廃寺(後に復興された)。 海士町後鳥羽院資料館に所蔵される絵図(江戸末期の様子)には、この火葬塚の場所に「後鳥...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通[編集] 菱浦港から隠岐海士交通バス「明屋海岸」行きに乗車、「隠岐神社前」下車。 菱浦港から島根県道317号海士島線、車で15分。
行事
神事[編集] 春の例大祭(4月14日) 秋の例大祭(10月14日)
引用元情報隠岐神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%9A%A0%E5%B2%90%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=92422205

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー