神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

金砂山円光寺閻魔堂の投稿(1回目)by 湯本泰隆

湯本泰隆さんのプロフィール画像
湯本泰隆
123投稿
山号を、金砂山円光寺閻魔堂(えんまどう)といい、今日では「えんま市のお堂」として親しまれています。
戦国時代の頃までは半田村にあったと伝えられ、江戸時代中期の資料「柏崎町古絵図」には、町の東の木戸の門外に位置していたことがわかります。

「えんま市」の起源となった馬市が下町から移ってお堂の境内で開かれるようになったのは、明和年間(1764~1771)の頃からで、約70年間続き以後馬市にかわって節季市の形で受け継がれ、今日のえんま市(6月14日~16日)となりました。
お堂は数度の火災で類焼し、現在の土蔵造りの建物は明治29年に建てられたもので、4代目篠田宗吉によって建てられたものです。

「閻魔堂の言い伝え」の看板には、閻魔堂に残されていた宝永7年(1710)の「越後国柏崎町焔魔堂縁起」の一部を、今のことばに直し、わかりやすくしたものが記されています。
金砂山円光寺閻魔堂の建物その他

すてき5

・・・
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。

みんなのコメント(0件)

コメントはまだ投稿されていません。

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

新潟県長岡市を拠点とする歴活系団体「ながおか史遊会」主宰。調査などの傍ら、訪れた神社仏閣を掲載しています。
※掲載写真は自由にお使いいただいて構いませんが、著作権放棄したわけではありません。ご使用の際はクレジット表記していただけるとありがたいです。

金砂山円光寺閻魔堂の最新の投稿

もっと見る(4件)神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

湯本泰隆さんの他の投稿

湯本泰隆さんの投稿をもっと見る
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中