新熊野神社 (いまくまのじんじゃ)京都府 東福寺駅

京都府 京都市東山区今熊野
エリア:東福寺駅

  • 行きたい
  • 投稿する

参拝:2017年06月吉日
投稿:2017年09月04日

“巡礼”をテーマにした都市史のレポートのネタを撮りに行きました。
この日は、すでに夏越大祓の茅の輪が設置されていましたね。
後白河院の時代は熊野本宮に見立てられていたようで、現在では規模の小さい神社ですが、本殿は熊野の證証殿と同じ形式です。
とにかく神仏習合推しの強い神社で、神仏習合についての解説看板のほか、本殿裏手に「京の熊野古道」と称するミニ巡礼道のようなものが設けられていて、ご神木で作られた熊野八葉曼荼羅や各仏尊、熊野信仰にまつわる説話の場面などのレリーフが祀られています。カラフルな彫刻で普通の神社とは一風変わった趣ですが、面白いものが見られました。

薄暮の新熊野神社

薄暮の新熊野神社

拝殿。茅の輪が設置されています

拝殿。茅の輪が設置されています

神仏習合解説

神仏習合解説

京の熊野古道

京の熊野古道

京の熊野古道のレリーフ

京の熊野古道のレリーフ

たまゑもん

ゆるふわ古建築クラスタ
建築学生。京都を中心に、古い建物や花の名所、(色々な意味で)面白いものがある寺社を巡っています

投稿数:14件

説明の文章はまだありません。

新熊野神社 の基本情報

名前 新熊野神社
読み方 いまくまのじんじゃ
本尊・御祭神 《主》伊邪那美命,《配》後白河上皇
住所 京都府京都市東山区今熊野
新熊野神社に関わりたい方はコチラ

コメント一覧

コメントしませんか?

するとコメントできます。

投稿