参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
四天王寺

うききじんじゃ

浮木神社秋田県 松葉駅

うききじんじゃ

浮木神社秋田県 松葉駅

秋田県 西木町西明寺字潟尻
御朱印あり

アクセス

住所西木町西明寺字潟尻
Googleマップで地図を開く
エリア松葉駅
駐車場なし
近くの駅

◼︎秋田内陸縦貫鉄道
松葉駅から直線約5.09km
徒歩約2時間2分
車で約25分
Googleマップで確認



◼︎秋田内陸縦貫鉄道
羽後長戸呂駅から直線約6.14km
徒歩約2時間27分
車で約30分
Googleマップで確認



◼︎秋田内陸縦貫鉄道
羽後中里駅から直線約6.94km
徒歩約2時間46分
車で約34分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

浮木神社について

基本情報

名称浮木神社
読み方うききじんじゃ
通称漢槎宮
参拝料

なし

トイレなし
御朱印あり

詳細情報

ご祭神金鶴姫之命
ご由緒

潟尻明神ともいい、1769年、秋田藩士益戸滄洲によって漢槎宮と命名されたことから、この田沢湖のことを漢槎湖あるいはただ漢槎と呼ぶようになりました。拝殿正面に揚げられた漢槎宮の扁額は滄洲が遊覧のおり、船頭をつとめた少年斉藤千太郎に書き与えたものです。

Wikipediaからの引用

概要
漢槎宮(かんさぐう)は、秋田県仙北市西木町西明寺の田沢湖畔にある神社。 湖に張り出す形になっている小さな神社で、流れ着いた大木の浮木(流木)を祀ったので別名を浮木神社という。また、潟尻明神とも呼ばれ、明和6年(1769年)秋田藩士で俳人で漢学者の益戸滄洲によって漢槎宮と命名された。よって田沢湖を漢槎湖または槎湖と呼ぶようになった。すぐ近くにたつ子像がある。 拝殿正面の扁額は、滄洲が田沢湖を遊覧した折に船頭をした少年斉藤千太郎に書き与えたもの。
引用元情報漢槎宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%BC%A2%E6%A7%8E%E5%AE%AE&oldid=80849515
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2021年01月04日byKouta


アクセス

住所西木町西明寺字潟尻
Googleマップで地図を開く
エリア松葉駅
駐車場なし
近くの駅

◼︎秋田内陸縦貫鉄道
松葉駅から直線約5.09km
徒歩約2時間2分
車で約25分
Googleマップで確認



◼︎秋田内陸縦貫鉄道
羽後長戸呂駅から直線約6.14km
徒歩約2時間27分
車で約30分
Googleマップで確認



◼︎秋田内陸縦貫鉄道
羽後中里駅から直線約6.94km
徒歩約2時間46分
車で約34分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?