神明社

埼玉県 南浦和駅  行きたい
  • 投稿する
 

神明社の投稿

名前:けいせき けいせき

閑静な住宅街の中に鎮座されていますが、裏手がプロテスタントの教会で、道を挟んだ西側が真言宗寺院と、この一角だけ宗教施設が集まっています。

7 0 投稿した日:2018年10月11日

登録がありません
※ご存知の方は、ログインするとを押して電話番号を追加できます。

神明社のアクセス

住所 埼玉県さいたま市南区根岸1丁目23
エリア 南浦和駅
行き方 JR南浦和駅より徒歩約14分

詳細情報

基本情報

名前 神明社
本尊・
御祭神
天照大御神
歴史 (埼玉縣神社庁北足立郡支部「神明社 御由緒」の立て札より)

□御縁起(歴史)
 当地の古い集落の大部分は旧中山道沿いに形成されており、当社は、この集落から東に約二〇〇メートル離れた丘陵の中腹に、氏子集落を見守るかのように鏡座している。
 創建は不詳であるが、同じ中山道の旧深谷宿に鎮座する伊勢殿神社は、江戸期、北関東一円にお祓い大麻を配っていた伊勢の御師三日市太夫の宿舎が、やがて神社として祀られるようになった。また、同じく旧上尾宿の氷川鍬神社は、伊勢信仰の鍬神とかかわる社で、万治(一六五八 - 六一)のころに中山道沿いに村から村へ送られてきた鍬神を祀ったことに始まる。このようなことから、当社の創建の背景には、近世の御師の活発な活動によって、中山道沿いに広がっていった伊勢信仰の影響が考えられよう。
 『風土記稿』によれば「神明社 村の鏡守なり」とあり、明治六年四月に村社となった。その後、明治四十年六月四日に字久保入の無格社鹿島社及び同稲荷社二社を合祀した。
 本殿内に残る棟札によれば、大正十一年十月に本殿屋根改装及び拝殿の改装、透塀新設、昭和三十七年五月載本殿屋根及び玉垣工事、境内社の改装、その他境内整備、昭和六十一年十二月に拝殿屋根の修築が行われた。
住所 埼玉県さいたま市南区根岸1丁目23

神明社の方へ

すると神社・お寺の情報を追加/編集できます。

ランキング上位記事

2018年秋のお彼岸はいつ?お供えなど、安心してお彼岸にお参りするための全知識を紹介

2018年03月22日

酉の市へ行こう!2018年関東オススメの酉の市40ヶ所や熊手の買い方をわかりやすく解説

2018年09月08日

始めるコツは「面白がること!?」お寺がインターネット使っていいのか聞いてみた【難波別院インタビュー】

2018年07月21日

初心者でも安心!写経とは?筆ペンと写経用紙セットを準備し、今すぐ写経を始めよう!

2018年05月10日

御朱印帳の選び方を徹底解説!御朱印めぐりを始めませんか?

2018年03月07日

テーマパークに学ぶ「五感で感じる」神社づくり【熱海 來宮神社 雨宮宮司インタビュー】

2018年06月02日

「季節に合わせた神社お寺の情報」
LINE@でお届けします。

友だち追加
投稿

「お参りの記録、残しませんか?」

ホトカミは、日本最大の神社お寺の投稿サイトです。

  1. 登録から投稿まで2分!
  2. 日付を入力し、過去の記録も整理できます。
  3. 掲載数は日本イチ!あなたのまちの神社お寺も投稿できます。

歴史に詳しい必要はありません。
あなたの個人的な思い出、感想を投稿しましょう!