参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方
ドアノブさんのプロフィール画像

ドアノブ

(21投稿)
写経をされている方、お茶を飲んでいる方など皆様思い思いに過ごしていました
圓徳院(高台寺塔頭)の山門・神門(京都府祇園四条駅)圓徳院(高台寺塔頭)の庭園(京都府祇園四条駅)圓徳院(高台寺塔頭)の庭園(京都府祇園四条駅)圓徳院(高台寺塔頭)の庭園(京都府祇園四条駅)

すてき3

・・・
投稿した人:

ドアノブ

ドアノブさんのプロフィール画像(21投稿)

審神者から入って、なぜか刀よりも歴史と寺社好きへ。地元は上総国。黒田官兵衛・長政父子ゆかりの場所を巡りたい。

みんなのコメント(0)

コメントはまだ投稿されていません。

圓徳院(高台寺塔頭)の投稿にコメントしませんか?

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

圓徳院(高台寺塔頭)について

基本情報

名称圓徳院(高台寺塔頭)
読み方えんとくいん
拝観時間

午前10:00~午後5:00受付終了(午後5:30閉門)

電話番号075-525-0101
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX075-561-2724
ホームページhttp://www.kodaiji.com/entoku-in/idx.shtml
ご本尊釈迦如来
宗旨・宗派臨済宗建仁寺派
ご由緒

 豊臣秀吉の没後、その妻北政所ねねは「高台院」の号を勅賜されたのを機縁に高台寺建立を発願し、慶長10(1605)年、秀吉との思い出深い伏見城の化粧御殿とその前庭を山内に移築して移り住みました。
 それ以来、大名、禅僧、茶人、歌人、画家、陶芸家等多くの文化人が、北政所を慕って訪れたと伝えられています。ねね58歳の時のことです。
 これが今日の圓徳院の起こりです。ねねは77歳で没するまで19年間この地で余生を送り、ここは北政所の終焉の地となりました。
 そのねねを支えていたのが、兄の木下家定とその次男の利房です。圓徳院は利房の手により、高台寺の三江和尚を開基に、木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭とされました。寛永9年、ねねの没後9年目のことです。

ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2017年09月28日
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方