御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

天満神社のお参りの記録(1回目)
岐阜県上枝駅

投稿日:2022年09月23日(金)
参拝:2022年8月吉日

【飛騨國 式内社巡り】

天満神社(てんまん~)は、岐阜県高山市国府町村山にある神社。式内論社。祭神は菅原道真公、天津神。通称「村山天神」。なお、境内に岐阜県の指定史跡「竪穴式縄文住居遺跡」がある。

創建は不詳。社伝によると、飛騨国造・大八椅命が天津神を祀ったのが始まり。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載のある「飛騨國 荒城郡 大津神社 小」の論社となっており、他の論社には大津神社(飛騨市)がある。(当社を論社とするのは、大津は天津の誤記であるとする説による。)のち室町時代に公家で武将の姉小路尹綱の軍が敗戦した際、姉小路家に伝わる菅原道真公像が当地に祀られ、天神神と合祀されたされる。

当社は、JR高山本線・上枝駅の北北東2kmの宮川が鋭角に曲がる内側の小高い場所にある。県道457号線に面した境内はかなり広く、そのほとんどが森になっているが、鳥居から社殿までの長い参道の周りはきれいに整備され明るくなっている。拝殿から少し木々の間を分け入ったところに「竪穴式縄文住居遺跡」があって、古代からの祭祀の存在を感じさせてくれる。

今回は、飛騨國の式内論社であることから参拝することに。参拝時は平日の午前中で、自分たち以外には参拝者は見掛けなかった。
天満神社(岐阜県)
境内南西端入口全景。境内全体が写真手前の県道より一段高くなっている。
天満神社(岐阜県)
階段を上がって参道を少し進んだ左側にある<撫で牛>。天満宮らしい。
天満神社(岐阜県)
鳥居前左側の<狛犬>。オーソドックスなタイプ。
天満神社(岐阜県)
鳥居前右側の<狛犬>。
天満神社(岐阜県)
参道正面の<鳥居>。社号標はないが、鳥居の扁額に「天満宮」とある。
天満神社(岐阜県)
参道両側に奉納燈籠がずらっと並んでいる。参道上だけ空が開けて明るい。
天満神社(岐阜県)
社殿近くにある<手水盤>。小さくて可愛らしい。ちゃんと苔生している。
天満神社(岐阜県)
<拝殿>全景。最近建替えられたのか、真新しい感じ。
天満神社(岐阜県)
<拝殿>正面。「天満宮」の扁額は向拝の上部に掛かっている。
天満神社(岐阜県)
<拝殿>内部。案の定、新しくてピカピカ。
天満神社(岐阜県)
拝殿前から振り返って境内全景。
天満神社(岐阜県)
<社殿>全景。拝殿前からは本殿は見えない。
天満神社(岐阜県)
拝殿後ろの<本殿>。一段高いところに覆屋が建っている。
天満神社(岐阜県)
拝殿に向かって右手にある、5本の木に注連縄を渡して、四角く囲ってある場所。祓所かな。
天満神社(岐阜県)
拝殿に向かって左手にある建物。
天満神社(岐阜県)
上の建物の裏手、数十mのところにある<村山遺跡>。竪穴式縄文住居の遺跡。(^▽^)/

すてき

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎963投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
天満神社の投稿をもっと見る1件
コメント
お問い合わせ