参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ

大瀧神社・岡太神社福井県 鯖江駅

おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ

大瀧神社・岡太神社福井県 鯖江駅

福井県 越前市大滝町13-1
御朱印あり

アクセス

住所越前市大滝町13-1
Googleマップで地図を開く
エリア鯖江駅
近くの駅

◼︎JR北陸本線
鯖江駅から直線約7.07km
徒歩約2時間49分
車で約35分
Googleマップで確認



◼︎福井鉄道福武線
サンドーム西駅から直線約7.32km
徒歩約2時間55分
車で約36分
Googleマップで確認



◼︎JR北陸本線
武生駅から直線約7.43km
徒歩約2時間58分
車で約37分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

大瀧神社・岡太神社について

基本情報

名称大瀧神社・岡太神社
読み方おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ
通称大瀧権現様
御朱印あり

詳細情報

ご祭神大瀧神社:國常立尊・伊弉諾尊 岡太神社:川上御前(岡太大神) 御神体山:権現山
ご由緒

伝承によれば、養老3年(719年)、この地を訪れた泰澄が、国常立尊(くにとこたちのみこと)・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を主祭神とし、十一面観世音菩薩を本地とする神仏習合の社を創建し、大瀧兒(おおちご)権現を建立したという。後に明治時代の神仏分離令により、現在の大瀧神社となった。
岡太神社については、約1500年前、大滝町の岡本川上流に美しい姫が現れ、村人に紙漉きの技術を伝えたのが始まりとされている。この伝説の姫『川上御前』を、和紙の神様・紙祖神(しそじん)として祀ったのが岡太神社である[1] 。延元2年(1337年)の足利軍の兵火で社殿が失われ、岡太神社の祭神を大瀧神社の相殿に祭った。さらに天正3年(1575年)、織田信長の一向一揆攻略の際、大瀧寺一山が兵火に遭い消失。再建時に大瀧神社の摂社として境内に祀られるようになった。

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2020年10月12日


アクセス

住所越前市大滝町13-1
Googleマップで地図を開く
エリア鯖江駅
近くの駅

◼︎JR北陸本線
鯖江駅から直線約7.07km
徒歩約2時間49分
車で約35分
Googleマップで確認



◼︎福井鉄道福武線
サンドーム西駅から直線約7.32km
徒歩約2時間55分
車で約36分
Googleマップで確認



◼︎JR北陸本線
武生駅から直線約7.43km
徒歩約2時間58分
車で約37分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

最新の福井県のご案内

總社 和田八幡宮
六条駅

12月の御朱印

2020年12月01日〜
12月の御朱印のご紹介です。 今年最後の月替り御朱印となります。 頒布期間:12月…
1
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る